雨の五郎
黒猫偏愛日記から結婚生活日記へ?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/12/08(月)   CATEGORY: 結婚生活
結婚式④~披露宴その2→母への手紙
余興のカラオケのなかで、私の叔母が『とーるさん(私の父)の気持ちで歌います』と言い、

♪お前がこんなに綺麗だと~、父さん初めて気がついた 花嫁衣裳を遠くで見つめぇ お~もいだ~して い~るんだよ ひと~りで はじめ~て 歩いた日~ 笑っ~て~み~せた あの顔を
『お前は人にさ お父さんに似てるねなんていわれるといつもふくれっ面ですねてたね でもなぁ 女の子は父親に似てると幸せになれるんだよ ホントだよ みんなに聞いてごらん』♪

東八郎の『娘へのバラード』を熱唱、もちろん台詞入り、しかも物凄く上手。

母はその曲を聞き涙、そして今日はパパも連れてきたんだ、と鞄から父の写真を取り出し、私も飾っとく?とか笑ったもののうるっときてしまいました。

涙腺の緩みも治らぬまま母への手紙&両親へ花束贈呈。
泣くつもりは全くなかったのですが泣きながらの手紙朗読となってしまい恥ずかしい思い出となりました…。
まぁ母も泣いていたのでいいのかな。

以下手紙(恥ずかしいな…)。
『ママへ。
なんと私が結婚する日を迎えました。
自分のことながら信じられません。

18歳まで、パパとママと、毎晩今日あったいろんなことを話し、仲良く楽しく暮らしていたことが懐かしく思い出されます。
私が18歳の寒い冬の朝、パパが突然亡くなってしまい、ママと私はたくさん泣いたね、一人では眠れず一緒の部屋で寝ていたね。

私もママもいつもパパ、パパと言い、パパに頼っていたので、突然親鳥をなくした雛のようにものすごい不安だったね。
でもそんな中、ママが私を育て上げるために、パパが亡くなってすぐ働き始め、私を大学に行かせてくれたことに本当に感謝です。

いつも二人で歩いていては、姉妹のようだと言われ、私が姉でママが妹のようだと言われていたのに。
そんないつも頼りないと言われていたママが、すごく辛い中、苦しい中、私のために力を振り絞り、慣れない仕事をしながら育て上げてくれたこと、母の力の偉大さ、改めて感じました。

こうやってSさんとご縁があり、結婚し、家庭を持つことになりました。
どんな家庭にしたいかと聞かれると、やっぱり昔のうちのような、何でも話し合える明るく楽しい家庭にしたい、と胸を張って言えます。

18歳までパパとママでたくさんの愛情を持って育ててくれてありがとう。
18歳から二人暮らしになってしまい、泣いた日もたくさんあったけれど、今こうして振り返ってみると、楽しいこともたくさんあったよね。

これからは少し距離が離れてしまうけど、今まであった悲しいこと辛いことを吹き飛ばすような嬉しいこと楽しいことをママに感じさせてあげられるよう頑張るよ。
今まで本当にありがとう、そしてこれからもよろしくお願いします。』


このあとオットーのお父さんからの両家謝辞。
雄弁ではないけれど、でも一言一言しっかりと、実直なお父さんの人柄の表れた笑いあり涙ありのとっても素敵な挨拶でした。


皆様を見送り、披露宴は終了となりました。

DATE: 2014/12/07(日)   CATEGORY: 結婚生活
結婚式③~披露宴その1→余興~
もう12月、マイナートラブルは続き、痔疑惑の最近ですがとりあえず記憶の薄れぬうちに結婚式の記事を載せて行きたいと思います…。


式が終わり、披露宴準備に突入。
お色直しでーす、と言われ美容室へ。
ここでも他の新婦さんとカーテン越しで一緒に。
美容師さんA『新婦様貧血で具合悪くなっちゃいました』
新婦『…すみません…(消え入りそうな声)。』
美容師さんB『緊張もされてるのかもしれませんし、少し休んで行きましょうね~。ドレスは苦しくないですか?何か飲みますか?』

そんなやりとりを聞きながら大変そうだなぁ、私はお腹すいたなぁとか思ったり。
またまたそうこうしているうちにカラードレスの準備も出来上がり。
カラードレスには今後の人生において二度とつけることのないであろう花冠をつけてもらいました。
新郎も呼ばれ写真屋さんで撮影。

撮影後、披露宴までの少しの間にオットーがこのドレスで本当に良かったね、すごく良いドレス、とドレスべた褒め(私を褒めているのではない)。
オットー『髪型も可愛い、花冠良いね~。』
私『花畑みたいでしょ』
オットー『え?頭の中が花畑?』

等々話しているうちに披露宴の始まり。

入場の曲は私が好きな井上陽水の『新しいラプソディー』にしました。
木村カエラのバタフライでも良かったのですが、オットーが、ありきたり過ぎる、某お見合い番組を連想するから嫌、と言うことでこの曲に。

新しいラプソディーを聞きながらのんびり入場し着席。
司会は私の叔父(母の弟)にお願いしていたのでご飯を食べ始め、折を見て親族紹介をし、ケーキカットもし、オットーの姪っ子ちゃんたちから花束をもらい、余興(?)のカラオケの時間に。


このカラオケ、会場との打ち合わせの段階では置いておいて、まぁ誰か歌えば良いんじゃない?程度だったのですが、司会の叔父の独断で何故か指名制に、挙げ句とりは新郎新婦で、と言われ焦る焦る…。

親戚しか呼ばない式だったのですが、私の友人を1名呼んでいて、こともあろうに叔父はその人も指名…。
なんてことをーー(汗)と思っていたのですが、この友人が突然の無茶ぶりにも関わらず、1人でヘビーローテーションを歌って踊ってくれたのです!!


これに勢いづいたのか皆様指名されたら断りもせず歌ってくれました、しかも皆様上手…。芸達者な出席者の方々が多かったのでこのカラオケが大盛り上がり。
私たちも事前に言ってくれれば練習したのに…、と思いつつも何を歌うか散々迷ったあげく無難な世界に一つだけの花を歌いましたとさ…。


この時、司会の叔父により『当然新郎から一言挨拶があるはずです』と恫喝(?)された気の毒なオットー。
挨拶なんてする予定もなかったので考えてなかったであろうにきっちり挨拶もこなしていました。

そしてこのあと(私的に)クライマックスの母への手紙に。
DATE: 2014/11/25(火)   CATEGORY: 五郎と紅葉
ラブラブラブ
♪ね、ど~して~、す~ごくすご~く懐い~たの~♪

超絶人見知りの紅葉がオットーにベッタベタです。
家に帰った瞬間くらいは隠れますがその後はべたべたべた…。

2階の居間で抱っこを要求し、


風呂上がりのほかほかオットーに抱っこされその気になり、


また2階に行き、オットーの行動を見張ってます(笑)



五郎は五郎でお散歩に出掛け、私ではなくオットーについて歩いています。


…私に懐いていた訳ではなかったのね…。
がっかりしつつも五郎の走りっぷりは相変わらず見事です。


黒い弾丸五郎。
見事、見事なり。


でも、♪ね、ど~して~、涙が出ちゃうんだろう…♪
DATE: 2014/11/21(金)   CATEGORY: 妊娠生活
再検査
はい、前回(24週)の血液検査で血糖引っ掛かりました…。
なんでだーー!検査前はお菓子とか食べないようにしておいたのに…。
140以上再検査で140で引っ掛かったのでした。

再検査は前日21時から絶食の上、朝9時に病院に行き、まず採血、また甘ったるい炭酸を飲み1時間後、2時間後に採血、というもの。
…3回も採血するのか…。

で、検査に行ってきました。
まず採血。
普通の注射針を出すも、私の腕を見て蝶々針に変更、1発成功!やったー!上手!!

次に炭酸。
あれ?前回のより瓶が大きいんですけど…。
前のは検尿カップ2杯分くらい、今回は3杯分くらい、でもなんとか飲みきる、あ~オットーにも飲ませてやりたい、とか思いつつ。

1時間後採血。
さっきとは違う人、腕を思いっきり縛り上げ迷いなく通常サイズの針をプス。
その針だと無理だと思うけど採血名人かもしれないので期待。
しかし、血管に刺さらぬようで針を刺したままぐりぐりぐりぐり…。
痛いんですけど…、とも言えず我慢、でもやっぱり無理だったようで、違う方の腕で。
今度は蝶々針でなんとか成功。

ひま~、眠い~、お腹すいた~、暖房ききすぎで具合悪くなってきた~、とか思いつつ待つこと1時間。
採血に呼ばれるとさっきの人、今度は最初から蝶々針用意、1発成功!
3回の採血で4回刺されましたがまぁ良い方でしょうか(今ばっちり内出血してますが)。


また30分ほど待ちどきどきの検査結果。
先生『全て全く異常ないわ、前回のはなんだったんだろうねぇ?食生活も今と変える必要はないから大丈夫!』

良かった~、もう心配で心配で。
血糖が高いと胎児に奇形が、とか産まれたときに赤ちゃんが低血糖を起こす、とか巨大児になる可能性も、とか出産を早める可能性もとかとか不安なことだらけでした(ネットでざっと見ただけなので誤りもあると思われます)。

妊娠中は色々あるものなんですねぇ。
いや、出産後も色々あるんでしょうけど。
そんな今後の色々を考えると不安がいっぱいになってきました、ちゃんと私にできるのだろうか、周りに迷惑をかけるのではないだろうか…、考えれば不安は尽きません。

でも今考えても仕方のないこと。
とりあえずクリスマスケーキの予約をして目先の喜びで不安を解消したいと思います(笑)
DATE: 2014/11/18(火)   CATEGORY: 結婚生活
50年ぶり
先週は大雪でした、ニュースによるところ50年ぶりの大雪だとか。

突然の雪にまだ秋も混在しているような感じに。
お隣の車の上には雪と紅葉。


土曜日に買い物に行くために一生懸命に車の雪下ろしをするオットー。


その頭にも紅葉が刺さってました(笑)


今もちらちら雪が降ってきました、このまま根雪にならないことを願いたいのですが。
ちなみに私の実家は雪は一つも降ってないとか、札幌から近いのに…。
全然天気が違うのですねぇ。

これはうちの紅葉くん。
相変わらず顔がとっても可愛い紅葉です(親バカ)。
Copyright © 雨の五郎. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。