雨の五郎
黒猫偏愛日記から結婚生活日記へ?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/03/31(日)   CATEGORY: 五郎
牡丹雪
3月最後の日、今日も五郎と散歩へ。
雪が降り始めたものの散歩続行。


五郎も足取り軽く楽しそうにお散歩お散歩。
随分雪が溶けたわねぇ~、春はすぐそこだね、とか言いつつ散歩。


雪融けが進み、久しぶりに土及び枯葉発見で五郎も探索。
笹薮に入って行き、探索中の五郎。


五郎は探索に必死ですがだんだん雪が強くなり、五郎の上にも積もりだした雪。
もういい加減帰るよ~、寒いよ~。


体の上にも頭の上にも鼻の上にも雪がついているのに気にしない五郎。
感覚ないのか?


さすがに春近くの雪のため、ぼったぼた大きな牡丹雪。
五郎の背中に積もってまるで白黒の柄のように見えました。


降りしきる雪の中の散歩。
もうこれで終わりになるかな?

冬の名残の牡丹雪となるでしょうか、3月最後の五郎との散歩でした。
スポンサーサイト
DATE: 2013/03/30(土)   CATEGORY: 紅葉
忙しさ色々
仕事とお稽古とでへろへろのと筋肉痛の日々です。
今日もお稽古に出かけどったんばったん踊り筋肉痛の悪化。
お会は6月末、体力が持つのかやや心配…。

疲れていても五郎と遊び紅葉と遊びます。
紅葉は猫じゃらしを持ってきます。


無視してると、遊ばないの?光線を発射します。


仕方がないので遊ぶと、今度は絶対に離すもんかと頑張ります。


これでもかと踏ん張ります。


そして、ふーやれやれ、みたくなり、また最初の写真に戻るのです。

これエンドレス…。
私忙しいの~!寝なきゃいけないし、五郎とも遊ばなきゃいけないの~。
遊ぶのにも忙しい毎晩です。
DATE: 2013/03/26(火)   CATEGORY: 五郎
カマ三郎
会議の資料はなんとか目処がつきました。
そうしたら今まで停滞していた仕事が動きだしやっぱり忙しくてへろへろ。

でも家に帰り、毎晩五郎と遊ぶのです。
最近お気に入りのなんとも奇妙なおもちゃ。
なんの形?カマキリ?


ということで『カマ三郎』と呼んでいるのですが五郎はこのカマ三郎が大好きです。


大好きすぎてカマ三郎と柄の部分が分離しました。


これはこれでカマ三郎をばっしばし叩き弾き飛ばし楽しそうです。


棒は棒でじゃれて楽しいそうです。
頭に埃をつけて熱心に狙っています。


う~ん、一粒で二度美味しい?

なんて賢くて可愛いぴっぴっちゃんでしょう!
節約も考えてくれてるのね~、偉いわね~。
などと疲れていても親ばかは全開です。
DATE: 2013/03/24(日)   CATEGORY: 五郎
熊さん
忙しい~、来週会議の書類が出来なくて、ボスたち連日寝不足で書類作成中。
あっちはイライラ、こっちはハラハラ、仕事も八つ当たりも増加傾向にあります。
そんな緊張感を和らげるために、頭の中で♪あっる~日ン 森の中ン 熊さんにン 出会~~ったン 花咲っく も~り~の~み~ち~~~ 熊さんに~出会~~~った~~~♪
などど目の下に熊さんがいるボスたちを見て歌っている最近です。

だけど今日は嬉しい嬉しい休み、暖かくて天気も良くて最高です。
となると五郎とお散歩。
少しだけ家の前の氷割をして出発!


五郎も元気いっぱい走っています、車道を…。
そのコーナーの曲がり方はすごいね~、かなり攻めてるね~、ここ峠でもなんでもないけどなかなかすごいコーナーの曲がり方でした。


路肩の雪も低くなりました。
歩道に雪がなくなって歩きやすくなったし、いい感じだね、五郎~、とか言いつつ散歩。


五郎も振り返り確認?
早くまた草が生えてくるといいねぇ、まだ土は全然見えてこないしね。


今日は本当に天気も良く暖かく、春を感じるいい日でありました。
皆様のブログで梅に桜にチューリップに雪柳、色々なお花を見せていただいて、少し春を身近に感じている最近です。

でも今日は五郎と気分良くお散歩したし、また明日から始まる恐ろしい1週間を乗り切る力をもらいました。
DATE: 2013/03/20(水)   CATEGORY: 五郎
コーンパン
寒い寒いといいながらも雪融けが進み、だいぶん散歩がしやすくなった最近です。
五郎も首輪をつけてお散歩へ


アスファルトが出て走りやすくなりました。
路肩の雪は天高くありますが…。


五郎も喜び久しぶりの疾走!
雪融けを満喫の五郎です。


しかし何かを発見!
少し緊張感がある五郎。


いたのは母が出していた紅葉でした。
五郎毛を逆立ててますがちゃんと紅葉と認識し、攻撃はしませんでした(当たり前か)。


家に入りいつもの2人。
箱に入ってしまい、遊んでもらえないけど寄り添いたいうざ紅葉。


そんな2人はさておき、今日は初めてパンを焼いてみました。
茶トラのガンモのテト母様のところでコーンパンなるものを知り、いつもとても美味しそうなパンを作っていらっしゃるので私も少し真似てみよう、とか思い作ってみました。

強力粉何それ?スキムミルクって何?バターって高っ!!とかとか買い物をし、作成段階になり、1次発酵って何?ベンチタイムって??2次発酵??
というか私学生時代パン屋でバイトしてただろ、いろいろ思い出せ、とか思いましたが完全に忘れ去っていました。
それでもなんとか、パンっぽくなりました。
う~ん、当たり前ですがテト母様のようにうまくはいきません…。
でも楽しいかも!と調子にのった春分の日でありました。
DATE: 2013/03/18(月)   CATEGORY: 昔話
チーワン
日曜日は父の職場の同僚の送別会でした。
父が亡くなって10年以上、いまだ父を忘れずにきてくれる有難い人です。

私が子どもの頃、この人が毎晩きて、家で酒盛りしてどんちゃん騒ぎしてたなぁ、近所から苦情もきていたと聞いたなぁ、とか思い出したり。
ついでにその頃一緒にいた犬のことも思い出したり。
名前は『チチ』通称『チーワン』(ピーマンのイントネーションで)。
どんちゃん騒ぎの中チーワンは何をしていたんだか、私は大騒音の中寝ていましたが。


若かりし頃はふさふさのポメだったのですが、5歳頃から毛が抜け始めました。
何かの病気だったのか。
毛が抜けたのを隠すためにカットした時期もありました。
これはこれで可愛く、洗剤のファーファーのようでした。


晩年になっても顔の毛は抜けず、ふさふさの毛に真っ黒お目目の可愛い可愛い犬でした、顔が。
…顔は可愛いのですが、母以外には懐かず、私たちは家来か何かだと思っていて、言うことも聞かず、プライドの高い犬でもありました。


こんな「テメッ、こっち見んなよ」みたいな性格だったなあ、チーワン…。
(洗ったときの写真ですがイメージこんな感じ)

猫もいいですが、犬も大好きです。
いつか私も飼いたいなぁ、今度は私にも懐くように飼いたいなぁ、とか思いつつ、下心ありありで皆様の犬ブログを徘徊している私です。
DATE: 2013/03/15(金)   CATEGORY: 五郎
六花亭
仕事が忙しくへろへろ。
中ボスに『トラカンさんにきちんと説明しなかった自分が悪いけど手続きが違う』、『トラカンさんを忙しくしすぎてる自分たちが悪いんだけど違う』等々訳のわからぬことをのたまい落ち込まれ責められ(?)大変迷惑。
聞いてねーし、説明されてねーし、書類の作り方が不備なんじゃね?分かりにくいことこの上ないわ!しかもちゃっかり私に全部なすりつけてんじゃねーよ、とは思うものの、申し訳ありませんと言っておく。
毎度のことながら疲れます。

そんな私の疲れを吹き飛ばすぴっぴっちゃん。
六花亭の袋が気になっています。


ごくごく普通の袋ですが中には紅葉が入っていました。


紅葉が出たあとはやっぱりぴっぴっちゃんも入ることに。


六花亭の袋は可愛いわね~、ぴっぴっちゃんが入っても紅葉が入っても映えるもんね~、と言いつつ袋を移動。
そこから顔を出した五郎の顔が可愛いこと!(親ばか)

なんて可愛いんでしょう!
キュートでベリベリビューティホーのワンダホー!!
これぞ六花亭マージック!!
可愛い~、可愛い~、可愛い~などとバカをやれば嫌なことも忘れられます。
DATE: 2013/03/12(火)   CATEGORY: 五郎と紅葉
ダンディー
可愛い可愛いぴっぴっちゃ~ん。
ストーブの上はぴっぴっちゃんの定位置ね、可愛いわね~。


でもぴっぴっちゃんは何が気になるのかな~?


と私も振り返ると珍しくダンディーな紅葉がいました。

♪ジャンジャンジャンジャンジャンジャンジャーーーン… ダンディズム!歌お~う!大きな声でお互いのっ 叫ぼうっ 愛する人のためにっ (中略) 人生はっ 束の間の祭り せめ~て人を愛せ~~~よ~~~~っ!…ジャガジャン ダンディズム!!
となったのは言うまでもありません。
DATE: 2013/03/11(月)   CATEGORY: ガル
おばあちゃん
文化センターに用事があり立ち寄るとおばあちゃんがぽつんと一人。
予定を確認していたらおばあちゃんが、今何時ですか?と聞いてきたので11時半ですよ、と教えてあげる。
あら、ちょっと早かったかしら、お嫁さんがちょっと早いけど歳だから転んだら困るから早く行きな、と言われて早めに出てきたんだけど、と。
おばあちゃんの手にはクラシックコンサートのチケットが、開演時間は14時半…。
早過ぎだろうがよ、追い出されたんだな、と思いつつおばあちゃんのお話に付き合うことに。

私いくつに見える?から始まり(86歳でした)、見合いと恋愛結婚の中間のようなので25歳で結婚した、当時としては遅い。でも初恋は幼稚園。
役場に勤めてたので文字を左からでも右からでも書ける、役場は男社会だった、だから私も麻雀ができる(?)、夫がチャンネル権を持っているからスポーツしか見れない、でもサッカーも好きだし野球も好き、この前勝ったものね!(WBCを見てるらしい)

ボケ防止のためにフラダンスと詩吟と水墨画とカラオケをやってるの。
カラオケの機械をちゃんと使いこなせるって、店員さんにも驚かれるのよ!!等々話しまくる元気おばあちゃん。
おばあちゃんの話を聞きながら、ガルも人間ならこんな感じだったのかなぁとか思ったり。
091125_200420.jpg

う~ん、おばあちゃんとガルがなんとなく重なり開演近くまでお話をしていた私でした。
ガルとモモ

ガル元気かな~、私たちはとっても寂しいけれど、先にむこうに行っている父たちと合流して一緒に楽しく暮らし、寂しさとか身体の辛さとか一切感じずに元気いっぱい過ごしていて欲しいなぁ。
DATE: 2013/03/09(土)   CATEGORY: 五郎と紅葉
どっかどか雪
もう3月なのにまたしてもとんでもない雪。
今日は土曜日出勤でした。
風が強かったため、いたるところが雪まみれ。
(タイヤもこんな感じ)


列車も遅れ、止まり、運休。
(この姿を見ると文句も言うまい…、と思う。)


ポストは掘り出してもらっていたけど雪まみれ。
(投函はしやすくなりました)


札幌の先生のところにお稽古に行くと、そこも雪まみれ。
(これはこれで綺麗ですが)


寒い寒い、まだまだ真冬の北海道です。
家に帰れば猫団子!


猫団子…、紅葉の希望は猫団子だったのに…、寝技に入っている二人。


首に噛みつく五郎。
紅葉舌出てる、ギブギブ!


1!2!3!!
カンカンカン、五郎フォール勝ち!!
などといつもプロレスになってしまう二人です。
DATE: 2013/03/08(金)   CATEGORY: 五郎
供奴
今年6月に踊りのお会があるため、札幌の先生のところにお稽古に通うことに。

しかし札幌の先生は最近まで入院していて、正真正銘病み上がり。
そして地元でのお稽古をいいだけサボっていた私は全く振りを覚えておらず、結果札幌の先生が、私が全くダメなため自分も踊り、踊りながらの指導という急激な運動により虫の息…。

まずい…、ものっすごい迷惑をかけている…、このままでは本当に札幌の先生が死んでしまう…、ということで家でも少し真面目にお稽古をしてみたりしています。
もちろん五郎登場。


最初は優しく手をかけていて、さすが猫!しなやかね~とか言ったのも束の間、すぐにガブーーッ!
扇子に穴が開きました…。



ぼろぼろの扇子だけどダメ~、ということでしまおうと引き出しを開けるとまたもや五郎。


ちゃんと上にはうざ紅葉もいます。
引き出し折れる~、自分の体重考えなさい!6.8キロよ!


でも五郎気持ち良さそうだな、後ろ足はみ出してるけど…。


などと五郎を追い出す時期を逸し、五郎は物がたくさん入って、およそ寝るには向かない背中が痛いであろう場所で寝ていました。


う~ん、う~ん…。
なんて可愛いんでしょう!

可愛い可愛いぴっぴちゃんのためなら引き出し壊れてもいいよ!
もっと寝やすくしようか?とか言っているとどこかに行ってしまいました。
寝やすさは求めねぇ、困難にこそ燃えるぜ、ということかしら。
奥が深いぜ五郎。
DATE: 2013/03/06(水)   CATEGORY: 紅葉
蒼鷺
列車で爆睡、札幌駅で起きて隣の席の人を見ると、見事な耳毛が目に入りました。
とても立派でした、ゴミなんぞ一歩も入らせねぇ、という気迫を感じるほどに。

そういえば、学生時代に合唱曲で耳毛が出てくる歌があったなぁと思い出したりして。
♪耳毛~かすかに震え、寂寞の極みに~、何が聞こえる~~ウーウーウー
 胸毛を震わす絶望の季節か~、凍れる川の底流の音か~、それとも胸にどよめく胸にどよめく蒼空への熱情か~、熱情か~、熱情か~~~、チャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャンチャンチャンチャンチャーーーン……
 風は~吹き過ぎ~る、季節は移る~、だが蒼鷺は~、だが蒼鷺は~、動かぬっ!
 奥の~底から~、奥の~底から、魂が~羽ばたく~まで、魂が~羽ばたく~まで
 痩せ細り~、風に削られ、動かぬ枯骨となり~凍った~蒼い影となり~動~か~ぬ~♪

頭の中で一人合唱をしてましたが、これは冬の厳しさ歌った歌なんだろうかと思ったり。
ただひたすらに寒さに耐え、心の底から春を待ちわび、どんなになっても耐える、そういう歌なんでしょうか。


更科源蔵作詞のこの曲、大学の授業であった気がしたような。
ちゃんと勉強しておけばよかったなぁ。

まだ雪が深いこちらの地方。
役所に行くとこんなポスターとペットボトルがありました。


寒さに耐えるのもそうですが、寒さに遊び、寒さに考え工夫する、それが北海道に暮らすことなのかなとか、耳毛からいろいろ考えた日でした。

こちら紅葉くん。
猫じゃらしが出てくるのをバランス悪い中、じっと待っています。

紅葉もやっぱり猫だったのね~、狙うとか一切なく、猪突猛進型なので少し心配していました。
DATE: 2013/03/03(日)   CATEGORY: 五郎
地吹雪
昨日はとんでもない暴風雪、吹雪、地吹雪でした。
気温も高かったため、道路もじゃぐじゃぐ。
それでも五郎は散歩に行くそうです。


車の跡が深く、五郎も一瞬躊躇。


渡ったはいいけど、困っている五郎。


しょうがないので抱っこして進むと、とんでもない暴風。
公園が見えない?!
目も開けられないような暴風。
雪を巻き上げたんだか、雪が降ってるんだか、ビッシビシビシーー、と雪があたって痛い痛い痛い。


そんな中、非情にも五郎は私を蹴り飛ばし逃走…。


待って~、私も帰る~~、と一緒に走って帰宅。
いやぁ、とんでもない天気でした。


次の日の朝。
庭に積もっていた雪が、風によって形が変わっていました。
わかりにくいのですが、平らに積もっていた雪が、手前がえぐれ、奥の方に向かって山のように盛り上がっていました。
五郎もびっくりの後姿に見えます。


昨日の夜、隣に回覧版をまわしに行ったのですが、たったそれだけでも遭難するかと思いました。
今回の暴風雪はかなりの被害を出し、車の中で亡くなってしまった人、帰宅途中遭難して亡くなってしまった人、悲しいニュースをたくさん目にします。
やはり冬というものは厳しいものなんだな、とつくづく思った昨日今日でした。
DATE: 2013/03/02(土)   CATEGORY: 五郎
危険物
なにかと物騒な最近。
仕事で久しぶりに行った場所に危険物持ち込み禁止の貼り紙が。


メリケンサック??
なんかメリケンサックだけ武闘派?
かなりの近距離戦を挑まれてる気がする…。
体に腕に自信のあるメリケンサックをつけた肉体派不審者でもきたんでしょうか。
ヌンチャクはないのか?!釵は?とかとか危険物をいろいろ考えてしまいました。

我が家の危険物五郎。
アクロバティックうん○中、とても危険な体勢です。


ごろぴっぴちゃんは、毎朝2階でご飯を催促します。


『メシよこせ~!ここ何日もメシ食ってねーんだよ!!虐待してんじゃねーよ、ふざけんなよコルァァァ!!』と言っているように私には聞こえます。
その迫力と声量に負けて、ついご飯をあげてしまいます。


母曰く、ちゃんと下でご飯食べてから上にいってる、とのこと…。
騙されている私です。

キャットタワーのカップの中から怠惰にこちらを見ている五郎。
『鴨が葱しょってきやがったぜ』、と言ってるような顔に見えてきました。

Copyright © 雨の五郎. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。