雨の五郎
黒猫偏愛日記から結婚生活日記へ?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/03/30(金)   CATEGORY: 五郎
お風呂
お風呂のお湯はりをしていたら五郎登場。
水が出ておる!と言わんばかりに身を乗り出してみている五郎。
120325_175853_convert_20120330224741.jpg

結構お湯がたまってきてもまだ見ている。
毛が湿気らないんだろうか。
120325_180050_convert_20120330224810.jpg

方向を変えて一生懸命見ている五郎。
別に虫が浮いているわけでもなく、お湯が溜まる様をみているよう。
120325_180145_convert_20120330224841.jpg

でも五郎、そこは最終的には水没する場所なのだよ。
だからお湯はりが終わったときには黒い毛が多数浮いているのだよ…。
一緒にお風呂に入ってくれるならいいけれど残されるのは黒い毛だけで、黒い毛をすくいながらお風呂に入るのは寂しいものがあります。
スポンサーサイト
DATE: 2012/03/29(木)   CATEGORY: 名前
名前いろいろ2
去年の11月にうちにきた紅葉。
踊り仲間の家の縁の下に兄弟3匹で暮らしていたところ、あまりにも顔が可愛かったので捕獲して連れて帰ってきてうちの子になりました。
写真はきた初日、硬直し、このまま動かず、ここでおしっこをもらしてしまった紅葉。
名前の由来は、お稽古中だった「奥山もみじ」からとったもの。
目くそと鼻くそがひどかったため、こんな可愛い顔なのに当時の通称は『目くそ鼻くそもみくそ』…。
不憫な通称でした。
111106_204249_convert_20120329222902.jpg

平成20年に死んでしまった「ミミ」。
冬にミーミー鳴いて捨てられていたところ、拾ってきた子。19歳の猫生でした。
プライドが高く、母にしか懐かず(私が拾ったのに)、晩年痩せてガリガリになっても近所の犬に飛びかかっていく気の強い猫でした。ガルさんを半殺しにした前科あり。
IMG_0371_convert_20120329222600.jpg

その外写真もない昔の猫たちの名前。

①ロック
茶白のトラ猫。大きな体形に大らかな性格。何をしても怒らない優しい子でした。
名前の由来は『ブルドッキングヘッドロック』。
プロレス好きの父がプロレス技からとってつけた名前だそうです。

②タイ
茶トラの猫。何故か黒光りしているような大きな芋虫を捕って見せにきてくれていました。
外に捨ててもまた何処かに捕りに行ってまた見せにきていた子。
名前の由来は『タイガーマスク』。
これまたプロレス好きの父がつけた名前。

③ねこにん
黒トラの猫。我が家歴代の中で一番賢かった子。
名前の由来は不明、誰がつけたかも不明。
どこかの飼い猫がうちに遊びにきて、そのままうちの子になったそうな。
猫ちゃん、猫にゃんにゃん、とか言っているうちにいつの間にか「ねこにん」になったという説が有力。

こうしてみると名前もいろいろだな、そして父がつけた名前が多いような。
しかも変な名前。
私の名前も父がつけたものですが、普通でよかった…。
DATE: 2012/03/28(水)   CATEGORY: キャットタワー
おさかなさん3
ほんの少し場所を移動したおさかなさんタワー。
紐に手は届かなくても五郎くんはのぼって遊んでくれています。
120325_123329_convert_20120328223446.jpg

おさかなさんタワーのカタログをみたところ、耐荷重6キロと書いてあった。
耐荷重?耐荷重って何?
6キロまでしか耐えられません、という意味なのか?
もしそうだとすると、五郎だけでも6キロ、紅葉とあわせると10キロ。
…壊れる気配はないけれど、危険なのだろうか(買う前に調べろよ)。
120325_124454_convert_20120328223529.jpg

確かに一番上のカップに五郎溢れてるし。
うむぅ、耐荷重…。
とりあえず日々の点検を怠らないでおくか。
120325_123545_convert_20120328223717.jpg

DATE: 2012/03/27(火)   CATEGORY: 名前
名前いろいろ
ガルさん、女の子です。
御年19歳なので人間にしてみても爺さんか婆さんか性別不明になっていることでしょう。
名前の由来は「シーバスリーガル」、父が好きなお酒からとって父がつけた名前。
まだまだ元気、とうきび大好きで夏はかかせません。元気の秘訣だったりして。
110710_113112_convert_20120327215315.jpg

去年死んでしまった「もも」、男の子、この頃体重7.5キロ。
名前は「桃太郎」、ももと呼びたい、という母の希望で母がつけた名前。
大きな身体に似合わず本当に優しかったももです。
IMG_0420_convert_20120327215531.jpg

そしてやんちゃ盛りの五郎、この頃の通称は「悪五郎」。
跨られているのは優しい優しいもも…。
Image002_convert_20120327212253.jpg

五郎の名前の由来は当時お稽古中だった踊り『雨の五郎』の曽我五郎時致からとったもの。
仇討ちもので、乱暴者という曽我五郎時致。
その名のとおりうちの五郎も乱暴で乱暴で踊りの人たちから名前が悪かった、と散々言われたものでした。

名前は大事なのだろうか、猫にも姓名判断があるのかしら。
でも五郎は少しずつ少しずつ乱暴じゃなくなってきている、はず…。
DATE: 2012/03/25(日)   CATEGORY: キャットタワー
おさかなさん2
2階にあがると何故かおさかんさんタワーが居間のど真ん中に。
さすがの五郎くんもタワーの移動まではできないので、移動したのは母。
なぜ移動したのか聞いたところ、壁際では遊びの幅が狭い、どこからでも登れたほうが楽しいよ、とのこと。
120320_195853_convert_20120325192558.jpg

まぁねぇ、四方八方から登れて確かに楽しいかもね、と言うことでおさかなさんタワーは居間に引越。
照明の下で五郎くんも神々しく見えるかしら(見えねぇな…)。
120320_201728_convert_20120325192947.jpg

はて、照明の下ということはスイッチ紐がぶらさがっているような、と思ったらやっぱり、
紐大好き五郎くんの遊び物に…。
120320_224234_convert_20120325192804.jpg

紐切れる~~~。
照明壊れる~~~。
120320_224344_convert_20120325192849.jpg

文句あるか、とか言っていそうな五郎くん。
五郎には申し訳ないけどおさかなさんタワーはスイッチ紐の届かない場所へ少しずらしました。
ごめんね五郎、でも紐切れたら大変だからさ…。
DATE: 2012/03/22(木)   CATEGORY: 五郎と紅葉
朝起きて、服が置いてあるピアノの上を見ると猫2匹。
五郎「おはよ~」
紅葉「おはよ~」と言っていそう。
120322_070305_convert_20120322220751.jpg

朝は忙しいので、あまりかまってあげられず、服を着替え化粧をし~、と準備に追われ、トイレに入ろうとすると…。
ここにも猫2匹。

五郎「トイレか?」
紅葉「トイレ入るの?」とか言っていそう。
120322_071038_convert_20120322220819.jpg

朝時間ないのに~~~!
こんな可愛い姿を見たら写真を撮らずにはいられないじゃないか(親ばか)。
カメラを探しに走り、撮影をしている親ばかな私です。

祖父が『馬鹿を見たけりゃ親を見ろ』とよく言っていたっけ。
なるほど今なら納得、親ばかっぷりを発揮している最近です。
DATE: 2012/03/20(火)   CATEGORY:
箱5
すっかりボロボロよれよれになってしまった箱。
それでもなぜか大人気で、五郎が寝ているといつものように紅葉が登場。
120318_131825_convert_20120320204048.jpg

五郎くんをなめてあげているまでは良かったのに、やはり箱の破壊を開始。
ちりちりぺっ、ちりちりぺっ、という動作を繰り返し、破壊中。
120318_132709_convert_20120320204137.jpg

五郎ダンボールまみれ。
憮然とした表情の五郎くんでした。
120318_132738_convert_20120320204206.jpg
DATE: 2012/03/20(火)   CATEGORY: 昔話
桃太郎
お彼岸、ということで坊さんがきてお経をあげていきました。

ピンポンが鳴った瞬間に逃げる五郎と紅葉。
このごろ耳が遠くなったガルさんはピンポンの音が聞こえない様子。
しかし坊さんが家に上がり「どーも、どーも」と言ったときにようやく気がつき逃げるガル。
坊さんはお経で腹筋が鍛えられているのかとても大きな良い声です。

猫なら誰しも嫌がる坊さんを好きだったのが桃太郎、通称「もも」。


ガルさんの息子のため、野良生活の経験がなく、人が大好きで優しく大きかったもも。
坊さんがきても逃げず、坊さんにスリスリし、私たちの隣でいつも一緒にお経を聞いていたおおらかな子。

そんなももが去年の8月に17歳でお星様となってしまいました。
突然大量に吐血し、獣医さんに連れて行ったけれども極度の貧血状態と診断され輸血の甲斐なくあっという間に死んでしまったもも。
坊さんがくると思い出され、悲しくなります。
今は小さな箱に入り、父の仏壇のところでお経を聞いています。
311_convert_20120320001029.jpg

五郎にいろいろ教えてあげて、五郎に飛び掛られても耐えていた優しい子でした。
(この頃の五郎は、悪五郎と呼ばれていた。)
どうして気づいてあげられなかったのか、助けてあげられなかったのか。
坊さんがくると思い出され、悲しく悔やまれます。
169_convert_20120320001222.jpg

またももみたいな優しい子が飼いたいね、ももみたいに大きな子がいいね、といつも言っている私たち。
「大きな子」というのを望みすぎていたのか、久しぶりに五郎の体重を量ったら体重6キロ…。紅葉は4キロ…。太りすぎじゃ~~。
五郎は五郎、紅葉は紅葉。自分らしく健康に長生きしてね、そのためにはまずダイエットかしらね。
DATE: 2012/03/18(日)   CATEGORY: キャットタワー
おさかなさん
買いましたキャットタワー!
名前も可愛い『おさかなさんタワー』。

早速五郎くんがのぼり、紅葉が見守る構図。
120317_231019_convert_20120318000022.jpg

五郎くんの入念なチェック。
「怪しいものはないかな、危険なものはないかな。」とか言っていそうな後姿、
120317_231115_convert_20120318000105.jpg

「よし!危険はないから大丈夫だ」とかも言っていそう。
120317_231136_convert_20120318000141.jpg

五郎のチェックが終わり、紅葉ものぼってみることに。
紅葉はピンクがよく似合うねぇ。
120317_231453_convert_20120318000206.jpg

雑誌にはキャットタワーを2台並べて置くと、運動量がアップ。
と書いてあったので前に買ったキャットタワーと並べて置いてみることに。
並べると貧相さがより際立つ…。
でもこの子たちの運動のためになるのだからと自分に言い聞かせる。
たくさん遊んでくれるか心配ですが。
DATE: 2012/03/15(木)   CATEGORY: 五郎
ピアノ
ピアノの上に座る五郎くん。
茶色と黒で可愛いわね~、とか思っていたら。
120303_124629_convert_20120315221846.jpg

朝起きたらピアノカバーを引きずりおろし、ぬいぐるみを全て床に叩き落とし、朝の時間を短縮するために夜から用意していた私の服まで落としているひどい有り様に…。
120314_063913_convert_20120315221915.jpg

朝は1分1秒を争うためもちろんこのままで出勤。
そのくせ写真は撮った私でした。
DATE: 2012/03/14(水)   CATEGORY: 五郎と紅葉
花柄
黒猫五郎くん。

トイレットペーパーのビニール袋に入り込んで遊び花柄五郎くんに変身。
ビニール袋とおもちゃを絡めて遊んでいると、
120311_223825_convert_20120314214552.jpg

紅葉があらわれおもちゃはとられてしまいました。
気の毒に…。
紅葉はいつも五郎のあとをつけまわし、五郎の真似をし、五郎と同じものを食べ、五郎と同じもので遊び、五郎と同じ場所で寝るので二人は仲良し(五郎は少し迷惑かも)。
120311_223844_convert_20120314214714.jpg

しかし、トイレットペーパーのビニール袋が似合うな、五郎。
少し複雑…。
もう少しいいものが似合う男に成長しなければ。
DATE: 2012/03/13(火)   CATEGORY: 五郎と紅葉
去年五郎のために買ってきた苺のベッド。

でも箱のほうが好きで見向きもされなかった可哀相な苺さんでしたが、そんな苺さんにもついに出番が!
五郎が苺で寝てる!
可愛い~~!!ついに箱卒業か。
120312_193627_convert_20120313213701.jpg

そこにいつもの紅葉登場。
五郎兄ちゃんと一緒に寝る~、と言わんばかりに苺さんに入り込みこっちをみてポーズ。
この後五郎くんはすぐに出て行ってしまいました…。
120312_194820_convert_20120313213722.jpg

でも去年から比べると進歩進歩。
去年は苺の中に入らず下に潜っていたんだし。
苺の中でゆっくりくつろぐ日が近いかも。
643_convert_20120313213942.jpg
DATE: 2012/03/11(日)   CATEGORY: 五郎と紅葉
食事
先日叔父が遊びにきた際、とりあえず鍋とマグロの刺身を用意。

当然のように食卓テーブルに上がり、叔父のマグロを当然のように食べだす五郎くん。
叔父『なんなんだこのクソ猫~~~』と絶叫。
失礼な!ちゃんとお皿から食べてるでしょ、お行儀いいでしょ、可愛いでしょ!!と母と私。
五郎くんをクソ猫とは失礼な、他人からクソ猫呼ばわりされることほど腹立たしいことはない。

五郎くんはいつも食卓テーブルにあがって、一緒にご飯を食べていきます。
お客さんがきたときはやめさせたほうがいいのかしら。
120304_180853_convert_20120311120353.jpg

ちなみに母の晩酌の風景。
おつまみ『開きピン助』はみんなも大好きで母大忙し。
120307_220042_convert_20120311120309.jpg
ガルさんだけカメラ目線が不思議ですが…。
DATE: 2012/03/07(水)   CATEGORY: キャットタワー
キャットタワー
紅葉と遊んでいたら後ろに黒い影が、


影の正体は母に首輪をつけてもらった五郎くん。
首輪をつけると顔が丸く見えるなぁ。
120303_115259_convert_20120307223607.jpg

赤い首輪がラブリーな五郎くんとも遊ぶことに。
お気に入りの本棚にあがった五郎くん、爪伸びてるな…。
120303_115841_convert_20120307223640.jpg

一通り遊び本棚より低い貧相なキャットタワーでくつろいでいる五郎くん。
可哀相(涙)
こんな貧相なキャットタワーに上って満足そうな顔をしているなんで。
しかもぶらさがっているのはネズミのおもちゃ。
うちで一番長持ちしているおもちゃ、ということは五郎たちが興味がないおもちゃとも言える。鈴つきなのに…。
120303_121816_convert_20120307223709.jpg

五郎に大きなキャットタワーを買ってあげないと~~~。
このキャットタワーは保護してきた数日後に慌ててホームセンターで買ったもの。
小さい頃はまだ良かったけど今はもっと大きなのが必要だ。

カタログを見ながら何を買おうか考え中。
見た目と財布とも相談が必要です。
DATE: 2012/03/05(月)   CATEGORY:
箱4
このごろ箱はガルさんが使っています。
みんななぜかこの箱が大好き。
19歳のガルさんは箱に入るのもやっとで、えいや!っとジャンプをして箱に収納されています。
120227_223151_convert_20120305213954.jpg

そこにあまり面白くない男、五郎。
「僕の箱…」という感じが伝わってきます。
120227_223226_convert_20120305214023.jpg

五郎の子分紅葉も登場。
それでも一応ガルさんには敬意を払っているのか、箱から追い出そうとはしない2人でした。
120227_223242_convert_20120305214051.jpg

五郎くんも優しくなりました。
以前なら問答無用でガルさんに飛び掛っていっていたことでしょう。
このまま優しい良い子ちゃんに成長していきますように。
現在1歳6ヶ月(推定)、まだまだ先は長いぞ五郎!
DATE: 2012/03/04(日)   CATEGORY: 五郎
お雛さま
昨日はお雛さま。
ということで母がチラシ寿司を作ったところ、泥棒猫登場。
120303_173948_convert_20120304133243.jpg

ラップを食いちぎり、母曰く「アクセント」のウナギをゲット。
去年から冷凍庫に入っていたウナギなので五郎のお腹が心配…。
120303_174019_convert_20120304133313.jpg

それでもまだまだ欲しい、と言うのであげていたら紅葉も登場。
結局ウナギのほとんどは五郎たちのお腹の中に。
120303_174049_convert_20120304133342.jpg

今日になっても具合が悪くなっていないないみたいなので一安心です。
DATE: 2012/03/02(金)   CATEGORY: 五郎と紅葉
五郎と紅葉
五郎くんは遊ぶのが大好き。
頭に埃がついても一生懸命遊びます。
120220_231059_convert_20120302221536.jpg

寝る前に遊ぶ癖がついたので、毎晩私が2階に行くときにはどこからともなく走ってきてついてくる五郎。
その五郎の後ろからは紅葉がついてくる。
まるで猫を従えているような姿から猫使いと呼ばれる私。
120220_231132_convert_20120302221939.jpg

でも紅葉は五郎のおもちゃをとってしまう悪い子ちゃん。
五郎は優しくなったのでおもちゃを譲ってしまう良い子ちゃん。
五郎くんがかわいそうなので紅葉を締め出して遊んであげるようにしていたら…。

締め出された紅葉も必死だった…。
120226_001928_convert_20120302221643.jpg

可哀相(涙)
なんとか二人に満足してもらえるように遊ぶ方法がないか考え中です。
Copyright © 雨の五郎. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。