雨の五郎
黒猫偏愛日記から結婚生活日記へ?
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/04/29(月)   CATEGORY: ガル
色々
仕事や踊り以外で色々考え込んだり落ち込んだり忙しかった最近。
気分転換も兼ねて美容室に行ってきました。
去年の夏くらいにばっさり切ってしまい、少々後悔をしたため、伸ばす決意を新たに縮毛矯正。
↓ばっさり行く前の長さ、これを目標に頑張る予定(ちなみにとても茶色いですが地毛です)。
髪

風も強く、寒い荒れ荒れな天気のこちら。
美容室に行くにも、着るものに困り、冬物コートの毛の部分を外し、なんちゃって春物風?にして、でかけることに。
そうして、列車の中で腕を見たところ、ガルの毛が1本。
この明るい茶色の毛はガルだ、と思ったら泣けてきた。


ガル、ガル、私の大事なガル。
もういないのか、こんな毛の一本でガルを感じなければならない日がくるとは。
信じられないというか悲しすぎるというか、なんともいえません。
みんなで仲良く寝ていた時代もありました。
この時間は長くは続かなかったなぁ。
みんな

若かりし頃の写真を撮り待受にして、いつも一緒の気分です。
まだ1~2歳と思われるガル。


しかしこの写真、よく見ると手があり得ないほど泥だらけ…。

何してたんだ?ガル。
…好きに生きたよね、ガル。
そうであって欲しいなぁ。
スポンサーサイト
DATE: 2013/03/11(月)   CATEGORY: ガル
おばあちゃん
文化センターに用事があり立ち寄るとおばあちゃんがぽつんと一人。
予定を確認していたらおばあちゃんが、今何時ですか?と聞いてきたので11時半ですよ、と教えてあげる。
あら、ちょっと早かったかしら、お嫁さんがちょっと早いけど歳だから転んだら困るから早く行きな、と言われて早めに出てきたんだけど、と。
おばあちゃんの手にはクラシックコンサートのチケットが、開演時間は14時半…。
早過ぎだろうがよ、追い出されたんだな、と思いつつおばあちゃんのお話に付き合うことに。

私いくつに見える?から始まり(86歳でした)、見合いと恋愛結婚の中間のようなので25歳で結婚した、当時としては遅い。でも初恋は幼稚園。
役場に勤めてたので文字を左からでも右からでも書ける、役場は男社会だった、だから私も麻雀ができる(?)、夫がチャンネル権を持っているからスポーツしか見れない、でもサッカーも好きだし野球も好き、この前勝ったものね!(WBCを見てるらしい)

ボケ防止のためにフラダンスと詩吟と水墨画とカラオケをやってるの。
カラオケの機械をちゃんと使いこなせるって、店員さんにも驚かれるのよ!!等々話しまくる元気おばあちゃん。
おばあちゃんの話を聞きながら、ガルも人間ならこんな感じだったのかなぁとか思ったり。
091125_200420.jpg

う~ん、おばあちゃんとガルがなんとなく重なり開演近くまでお話をしていた私でした。
ガルとモモ

ガル元気かな~、私たちはとっても寂しいけれど、先にむこうに行っている父たちと合流して一緒に楽しく暮らし、寂しさとか身体の辛さとか一切感じずに元気いっぱい過ごしていて欲しいなぁ。
DATE: 2012/12/24(月)   CATEGORY: ガル
ヒマワリ
今年の秋、外の植物を家にいれておいたら謎の芽が出現。
謎の芽

?マリーゴールドの鉢から何の芽だ?とは思ったものの育てることに。
成長1

う~ん、何になるのか、花が咲くのか、どうなのか、と半信半疑に育てていると。
成長2

なんとヒマワリでした、頑張って1本だけ咲きました。
ひまわり


これをガルにあげて、最後のお別れをしてきました。
まるで合わせたかのように咲いたヒマワリ。
ガルは庭に出るの好きだったから、今は雪だらけで花が1本もないから、これで我慢してもらいました。

先日はガルと私たちに温かいお言葉本当にありがとうございました。
ブログをやっていて良かったなぁとつくづく思います。
皆様にガルを知っていただけたこと、そしてたくさんの祈りをいただけたこと、本当に感謝しています。

ガルは20歳、大往生と言われる部類なのでしょう。
でも別れは辛いものですね。
特にガルは父と一緒に暮らした猫だったので、ガルのいない悲しみ、また父が遠くなったような気もして、悲しみが複雑です。
もう少し時間が経てばガルのこと、ガルと父も一緒に暮らしたこと、思い出せるようになると思います。

ガルの遺影探してでてきた写真です。
遺影選び
遺影には左上の写真を使いました。
若作り過ぎたでしょうか…。
一番楽しかった頃の、父がいて幸せだった頃の写真です。
DATE: 2012/12/22(土)   CATEGORY: ガル
感謝
ガルは12月22日、遠くに旅立って行きました。
11月末頃から水しか飲めなくなったガルがこんなに頑張れたのも皆様の応援のお陰だと思っています。
本当にありがとうございました。
最後は鼻水も出なくなり、眠るような穏やかな旅立ちでした。
こんなにも皆様に応援され、祈りをいただき、本当にガルは幸せでした。
猫の王国ガル

ガルが遠くにいってしまったのかぁ。
まだ実感はありません。

ガルを小学生のときに拾い、それからずっと一緒。
中学生のとき、祖父母と住むために父が家を建て、ガルたちも一緒に引越。
転校先の中学に慣れず、いじめのようなものにあったけれども家に帰ればガルたちと一緒。
高校生のとき、父が死んでしまい、すべてを手放し家を出なければならなかったときも、ガルたちだけは手放さず一緒にアパート暮らし。
父はいなくても母とガルたちで仲良く一緒。
3年前、父と暮らした家が売りに出され、周囲の反対意見も聞かずに購入し、ガルたちも一緒に父と暮らした家に引越。
本当に、私の一部だったガルです。

ありがとう、ありがとう、ずっと一緒にいてくれてありがとう。
ガルがいたから悲しいこと辛いこと全部乗り越えられたよ。
本当にありがとう。
ガルを可愛がっていた父が迎えにきてくれているでしょう。
先に行って待っててね、私を忘れちゃわないでね。
私はガルを忘れないから。
ありがとうね。
DATE: 2012/12/04(火)   CATEGORY: ガル
ガルと
ご心配いただきまして申し訳ありません。
ガルは頑張っています。
何も食べられなくなって6日、水をほんの少し飲むだけです。
黄色の粘着質の鼻水が両方から出て、吐く息、吸う息ズビーー、グビーーとひどく苦しそうです。

だけど頑張ってくれています。
いつも情けなくて弱弱しいガルでしたが、頑張っています。

一緒にいる時間が長くなり、嬉しい気もしますが、でもあまりに苦しそうなので、もう頑張らなくてもいいよ、といいたくもなります、でもガルが頑張っているのだから、泣いてばかりもいられないのだと思ってきました。

ガルも私も、心穏やかに過ごしたいと思います。
Copyright © 雨の五郎. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。